リトープス コノフィツム アルギロデルマ ギバエウム ケイリドプシス フェネストラリア 葉が落ちる冬型
アイスプラント ディンテランサス デロスペルマ ストマチウム Glottiphyllum ブラウンシア トリコディアディマ
ナナンサス アンティミマ アロイノプシス プレイオスピロス     ベルゲランサス

 

   メセンの栽培 再考のお勧め

 

ネットでメセンの栽培、リトープスの栽培、コノフィツムの栽培で検索すると色々なサイトが出てきます。

メセンは冬型とされ、夏暑い所に生えているので夏休眠 メセンは冬に成長 夏は断水 日陰か半日陰で栽培。 夏を越すのが厄介と夏に関して書いています。お読みの方も検索して複数の栽培方法をお読みくださいませ。書いている事に具体性と整合性が無いと感じるのではないでしょうか。サイト毎で様々な事が書かれています。此れでは何が正しいのか理解に苦しみます。そして、何十年も栽培困難と言われています。

上記の方法は、永遠に失敗する栽培方法で、下の栽培方法を読んで考察されてください。

 

リトープスやコノフィツムだけではなく、全てのメセンは、自生地の環境や降雨時期に依存して成長している筈なんですね。リトープスも広大な地域に生えていますので環境は様々です。コノフィツムも西海岸沿岸部の冬降雨地域と内陸部の夏降雨地域、中間的な周年降雨地域に分かれています。メセンの中で冬型と夏型があるのですが、夏型は夏降雨地域で内陸部の標高が高い所に生えているので日本の暑さには、弱いのです。逆に標高が高いから冬は寒く夏型の多くは、耐寒性が強い傾向があります。耐寒性が強いけれど、内陸部の1000mほどの高原の冬は寒く成長する気温ではない場所が殆どです。夏に雨が降り、冷涼な気候で育つと考えた方が合理的です。(南アフリカ国土の平均標高は900mです。)
西海岸沿岸部に生えるメセンは、比較的低地であり、冬に雨が降り、海岸近くで温暖な冬で、夏は低地なので高温になります。。モニラリアは、秋に芽が出てきて初夏には葉が枯れてしまいます。冬型と言ってもリトープス程に耐寒性はありません。日本でも寒波到来で一番先に葉が凍り萎びるのが西海岸沿いのモニラリアの仲間になります。
「栽培している植物の基準になる」自生地情報を集めていれば、日本での栽培での問題点とすり合わせする事が出来ます。いくつかの自生地グループに分けて管理する事が可能なら、メセンの栽培が随分と楽になる事でしょう。数年栽培すればこの苗は、どのような栽培をすれば失敗しないか自生地環境と日本の自宅の庭が頭の中でリンクする事が出来るようになります。メセンの栽培は、苗の自生地と日本の環境の差を理解する事を頭の片隅に常に置いておけばいいと思うのです。

このような事を踏まえながら、失敗しない(失敗が極めて少ない)栽培方法を考えると、日本の夏の「断水管理と日陰管理」が一番の大きな障害となっていると思えます。砂漠気候の地面に生えている植物には寒冷紗はありません。確かに岩の間に生育する、体を土に潜らせて成長するなどはありますが、一様に光を弱めて良い訳がありません。何年間か実験したのですが夏に有効(脱落しない)寒冷紗の減光率は、その減光率で周年栽培が出来る減光率なのです。なのでとても明るい減光率の少ないネットで減光します。そうでないと光合成が少ししかできないので衰弱するのではないかと素人でも思いつきます。(本当に減光率20-25%であれば周年栽培できるのですよ。でも、お勧めは致しません)次に水やりですが夏に少しの減光があるにしても周年太陽に当てる栽培ですから、冬に水を与え3日間湿り気がある培養土でも、夏には夕方に水を与え翌日の午前中に乾燥してしまいます。夏型・冬型関係なく週に1度水(私は5日に一度)を与えて何も悪いことが起きません。夏に冠水することで、完全冬型の葉が落ちるモニラリアやマウガニエラ等では夏の脱落者が大幅に少なくなりますし、日本で冬型とされる「夏降雨で冷涼な環境で成長する」リトープスとコノフィツムの一部では、緩やかに成長して大きく育ちます。旧来の日陰管理や減光率を50%以上に大きくして断水する様な栽培に比べて苗の様子が全く異なり夏でも元気に育つのです。私は、この夏にも前向きに成長させる栽培方法をお勧めいたします。ただし、この栽培方法を行うのであれば「風通し最大にする必要があります。」すこしでも、熱が籠ると失敗しますので栽培場の見直しを行ってくださいね。
困難だ!夏に腐ると言われ続けて来たのは、日陰管理、過度な寒冷紗と断水であると現在の私は、考えています。
15年ほど前にある掲示板にプレイオスピロス帝玉が夏に腐ると皆さんが書き込みされていたのに対して、日焼けするほどの太陽を与え、水を与えろとと書いたことが有ります。秋になり、その方々から、生き延びたとのお礼を頂いた記憶があります。
時代が進化しても、メセンの栽培方法は昭和時代から、伝承された悪い栽培方法が続いているようです。
此処まで読まれて分かった方の多いかと思いますが冬型と夏型をこの方法だと著しく異なる栽培方法を行う必要が無いのですね。大地に生えている苗とポットの苗の差が有りますが周年、日の光と水を与えて栽培が可能です。断水する必要は無いのです。葉を落とす完全冬型苗には、秋の初めに少し多めに水をあたえる程度の調整になります。

「リトープス脱皮が終わる6月新葉が出て・・・何故そこから休眠に入るのだ」 そんな馬鹿な事ないだろうと考えたのが始まりでした。

 

南アフリカ降雨時期
   南アフリカ 降雨時期 大まかな地図

 

 

      属別栽培管理へ(気が向けば書いていきます)

リトープス コノフィツム アルギロデルマ ギバエウム ケイリドプシス フェネストラリア 葉が落ちる冬型
アイスプラント ディンテランサス デロスペルマ ストマチウム Glottiphyllum ブラウンシア トリコディアディマ
ナナンサス アンティミマ アロイノプシス プレイオスピロス     ベルゲランサス

 

 

にくたま屋