多肉植物の育て方 入門    関東以南太平洋側

多肉植物とは、植物の(根・茎・葉)が多肉質になった植物のことです。自生地は、乾燥した地域や水分を得にくい環境のものが多く、多肉化した部分に水分を溜め耐乾燥性を持っています。多くの場合、乾燥に特化した特殊な容姿が可愛く、奇妙、美しく、園芸価値の高いものとなっています。

栽培方法は、環境の少しの違いで大きく変わりますので全ての環境で同じ管理は、困難です。 リンク及び此処で記述している内容は、一つの目安としてご利用いただけると幸いです。また、メセンだけではなく一般的な話になっています。

 

多肉植物の産地
乾燥地帯に生育する種が多く南アフリカ共和国周辺とメキシコ合衆国周辺が二大中心地となっています。南アフリカ周辺には、アロエ、ハオルチア、コチレドン、クラッスラ、ユーホルビア、ガガイモ、メセン等の高度に多肉化したものが多く自生しています。メキシコ周辺には、アガベ、エケベリア、ダドレア、サボテン等が自生しています。また、他の地域としてマダガスカルにパキポデューム、ユーホルビア等・・・ヨーロッパ アルプス原産のセンペルビュームなどがあります。
夏型・冬型の把握
世界各地に自生している植物を日本の気候に合わせ栽培する為、夏型・冬型・春秋型などに便宜的に分けて栽培します。夏型は、気温が高い時期に生育し、冬に休眠するタイプで冬型は、暑さに弱く休眠し、冬に生育するタイプです。もちろん、夏型・冬型の中に強健な種、難物も含まれ、夏型でも高温に弱いもの、冬型でも低温によわいものがあり、生育期と休眠期の管理は、一様では、ありません。 なかには、夏の高温、冬の低温に弱く春秋に生育する春秋型もあります。 夏型・冬型共に日本の猛暑期と厳寒期の突出した気温は、耐えるとしても好ましくないとお考え下さい。
また、日本の栽培で夏型冬型の栽培者都合の分類は、必ずしも苗に最適であるとは限りませんので自生地環境を把握し、苗にとって何が最適なのかを栽培者が考えないと上手く栽培できないと思われます。この栽培法は、大まかな目安でしかなく、中には本来、夏型なのに冬型とされ、栽培が困難になる物も多く見かけます。ネットでの安易な区分は、確証を得てから、信用した方がよさそうです。【例】冬型メセン これは大きな間違いです。
栽培場所
多肉植物の栽培で重要なのが置き場所です。自生地で岩陰やブッシュの中で生育するものと終日、直射光の下で生育しているものを同一の場所で通年栽培する事は、困難な事です。どの様な環境で生育しているか凡その事を掴んで工夫すれば雨のかからない軒下等で(低温に弱い種→屋内取り込み)多くの種類を立派に栽培することが出来ます。ビニール・ハウスが困難な場所でも小型フレームを利用することで栽培可能な種類も更に増やすことができます。いずれの場合も、春〜秋に最大の風通しの良さが多肉栽培に求められます。

 

夏型栽培
大雑把に4月中旬〜11月上旬頃までが生育期になります。生育期間中は、気温も高く、風通し最大の環境で雨のかからない風通しの良い屋外で管理できます。しかし、猛暑期(梅雨明け〜お盆前)の直射日光で普通の観葉植物が葉焼けするように夏に強い夏型もダメージを受ける種類・場合があります。少し乾燥気味にし(断水はダメです)、風通しと網戸のネット〜寒冷紗等を組み合わせ20%-35%程直射光を弱めると効果的です。本来、夏型の多肉が日本の暑さに強いわけではなく、冷涼な夏に生育する種類が多く存在します。日本で便宜上冬型と言われているリトープスの殆どが冷涼な標高の高い地域で夏に雨が降り夏に成長します。リトープスの栽培が困難なのは、逆転した国内の栽培方法が間違っていて成長期に命の維持に必要なだけの光合成を行えない日陰や過度な寒冷紗使用でダメになるケースが多いです。高温対策には、最小限度の減光率で風通し最大が成功する要であると考えています。冷涼な地域に生きている苗は、冬の耐寒性は強いのは当然の結果になります。
冬型栽培
大雑把に9月〜6月上旬頃までが生育期になります。生育期間中は、冬型が好む程度に冷涼で雨のかからない風通しの良い屋外で管理できます。しかし、冬成長型に耐寒性が有ると考えるのは間違いで、冬に雨が降る暖かな地域に生育しているので冬に成長するのだと考えるのが正しいと思われます。寒気が予想されたら、、霜や凍結が起きないように加温管理します。氷点下が予想されるなら、一時的に玄関などに避難させると安心です。場所が許すなら、厳寒期は、日の当る屋内窓際で管理する事も出来ます。 初春からは、日射が強いので風通しを一番に考え涼しい環境を与えます。5月頃は、休眠へ移行中で蒸発も早いので水の管理を変える必要はないと思っています。夏は、風通し最大にして減光率の出来るだけ少ない寒冷紗で涼しく管理します。夏の間、完全な日陰での管理は、良くありません。水は、気温が高いので早く乾きますので培養土次第ですが間隔的に帰る事は無いです。種類によりますが冬に比べて鉢の乾燥速度が4-5倍速いので周年変える必要は無いように思われます。
春秋型栽培
この成長型分類は私には謎で 、確かに春秋に成長する訳ですが夏の猛暑を避ける環境に置けば夏にも成長する苗が多いようです。冬は寒くて活性が悪く成長は殆どしませんから、暑さに弱い夏生育型の変形栽培なのかとも解釈できそうです。

 

植え替え
一般的に秋か春の生育期に入った時期が良いとされています。冬型は、9月〜10月、夏型は、3月頃が良いと言われているようです。 猛暑期や厳寒期は、苗・根への負担が大きく避けましょう。 培養土は、市販の粒構成の多肉・サボテン培養土に3割〜5割程の小粒赤玉土を混ぜたものが使いやすいようです。 土配合は、砂主体が早く乾き、赤玉土主体が乾きにくいと思われがちですが・・・赤玉土主体で乾きすぎるなら、砂を混ぜ乾きを遅くします。(通気が悪くなり乾きが遅くなります。)これだけでは、培養土が硬く締まりますから、腐葉土やバーライト、細粒軽石等を混入して硬くならないように調節します。 生育が目的なら、多肉植物も大きな鉢で湿度を保つ培養土が好きなようです。
厄介な問題
ここでは、生育期による栽培方法について書きましたがメセンの場合、日本で「冬型メセン」とされていますが南アフリカやナミビアの自生地では、西海岸沿い以外の内陸部では夏に降雨する地域が多いのです。南アの平均標高が900mであり、冷涼な夏地域が多く、日本の夏が高温で直射下で生命の維持が困難だからと思われます。腐敗の率を下げるには、風通しを最大にして出来る限り、減光する量を減らす事が効果的です。夏の減光率は、周年寒冷紗を使用しても生育できるような出来る限り、少ない減光率で夏を越させます。僅か数%の違いで生きるか腐るかの分かれ目になりますので良く観察され、可能な限り少ない減光率で夏を越させます。50%は、明らかに過度で35%程度から20%くらいで様子を見るとしか書けません。一般的に葉焼けして茶色になる程度が良くて、鮮やかな緑になった時には日照量が足りない事を疑ってください・・・。

 

 

にくたま屋